FC2ブログ
プロフィール

ryo

Author:ryo
糸を編んでつくる
クロッシェアクセサリー。
色とカタチにこだわって、
個性がありつつ、
身につけやすいデザインを心がけています。

出会ったみなさまと
十分、ご縁がありますように・・・
________________
お問い合わせはこちらから
<<E-mail>>
jugo_r15@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

以心伝心??初・フープ♪

Sat.29.02.2020 0 comments
先日のイベントで、
たまには、こんなデザインがあってもかわいいかなぁと思って作ったフープのピアス。
IMG_20200225_174912_174-1.jpg
新しいデザインを作るとき、なんだかドキドキするのですが、
お買い上げ頂いたお客さまに
「jugo.rさん、こういうフープのデザイン作らへんのかなぁ?って思ってたんです~!!」
と言われて、びっくりしてしまいました!

なんと!
以心伝心ですね♪

できたデザインの感想を聞けたりするのって本当にうれしいです。
かわいいなぁと思って作ったデザインを気に入ってもらえるなんて。
やったー!!って思いました♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<おまけのサクラ咲く♪>
今年、高校受験を迎えた姪っ子が志望校に合格したと連絡がありました。
中学でバスケをしていた姪っ子。
高校でもバスケがしたいのだけど、
バスケ部がある高校が少なく、
見つけた高校は人気校のため倍率が高いらしく、
どうなったかなぁと思っていたので、とてもほっとしました。

わたしは特にしてあげることがなかったので、
群馬に行ったときに「必勝!!」で有名な高崎神社(通称:だるま神社)で
お守りを買いました。
DSC_3695-1.jpg
ま、受かったのは、
お正月返上で勉強がんばった姪っ子の努力の賜物ですけどね!

あ~!よかった♪

コロナの影響で、卒業式ないかもだけど…、
最後の中学生活が少しでも良い思い出になればいいなぁと思います。

それにしても、わたしたちの時代はバスケ部は絶対あったのに・・・。
バスケは部活の花形やったイメージがあるんですけどね~。
これも少子化で学校統合とかの影響でしょうか。

「バスケがしたい」なんて名言、
スラムダンクしか思い浮かびませんが、
姪っ子曰く、
「スラムダンク??今は黒子のバスケやで」と数年前に言ってました。

これも、時代…。
ジェネレーションギャップを感じる…。
スポンサーサイト



コンテンポラリー刺繍展 終わりました♪

Tue.25.02.2020 0 comments
期間中、お越しくださいましたみなさま、ありがとうございました。

IMG_20200211_093935_434-1.jpg
今回は、ピアスしか出来ないデザインが多かったり、
売り場でピアス⇔イヤリングに変更できるものが少なくて、
もどかしい想いをさせてしまったなぁと反省しています。

「次は、イヤリングもよろしくね!!」と強く念を押されましたので 笑
また試行錯誤しながら制作していきたいと思います。

その時は頭が回らなくても、
後になって、こうしたら出来た!!って思えることがたまにあるので、
自分のひらめきにかけようと思います。

お会いできたみなさまも、
お会いできなかったみなさまも、
たくさん見てくださって本当にうれしく思います。

ありがとうございました~♪

次は、開催されるかわかりませんが…
ロハスフェスタ1stに出展予定です~♪

無事に開催されますように…。
どうかなぁ…??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<おまけの漫画タイム>
今日は昨日までのイベントの片付けや家の掃除をしてから、
至福の漫画タイムを堪能していました。
今日だけ100話分無料!!って書いてたので、
100話読み切ったら、夕方になってしまった。
たまには、こんな日もあってもいいですよね~って思うんですが、
実は毎日何かしらの漫画を読んでいます。

わたしが小・中学生とかだったら、
確実に親からカミナリ落とされるパターンです。

今は、一応大人なので、まぁいっか!!って開き直っています。

最近の歴史漫画は、タイムスリップものが非常に多いのですが、
どの漫画も歴史上の人物や史実と現代とを
上手いこと絡めているなぁと思います。
歴史の勉強にもなって一石二鳥!!
ただ、遊びで読んでいるわけではないのです。

という言い訳です。

編み針たち、ありがとう。。

Sat.22.02.2020 0 comments
ずっと捨てられなかった。
DSC_3815-1.jpg
右の2本は折れてはいないのですが、
金属の部分が剥げてしまい、糸が引っかかって使えなくなりました。
最初の2,3本は処分していたのですが、
なんだか急に捨てられなくなって取っておいたのです。

この本数分だけ、たくさんの作品が生まれたんだなぁと思うと、
ちょっともったいないような、淋しい気もしますが、
最近、いろいろ断捨離していたので、
これを機に処分しようと思います。

半年に一回は買い替えてるかも。
よく買いに行く手芸屋の店員さんに
「針って、そんなによく折れます!?」と言われると、
なんだか返答に困ります。

だって、折れちゃうんだもん 笑

編み方がきついのがダメなんでしょうかね…。

こんなに折る人っていないですよね。
他の編む作家さんに言ってもびっくりされます。

…、わたしもびっくりです 笑

また、新しい針と一緒に一からがんばります。

お世話になりました。。。
ありがとう~♪

こんなに折って、ごめんね!!

でも、普通の縫い針は数えきれないほど折っている。。。
そして、すぐ捨てている。
理由は、危険だから。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<おまけのピリピリ>
最近、ピリピリしています。
イベント中だから…ではもちろんなくて、
旅先で<山椒>を買いまして。
どんな料理に合うかなぁと、
いろんな料理にかけているからです。

ピリピリ。ピリピリ。
今、このピリピリに病みつきなのです。

昨年かもう少し前か忘れましたが、
マイ山椒を持ち歩く人もいるとTVで観ました。
山椒女子というみたいです。

わたしは、持ち歩かず冷凍庫に入れてます♪
粉って凍らないんですね。
不思議~!

ブローチ

Fri.21.02.2020 0 comments
また、このシリーズ??と言われるかもしれませんが、
ブローチも作りました♪
InShot_20200220_103342605-1.jpg
ピアスは一本どりですが、
ブローチはボリュームがあったほうがかわいかったので、
二本どりにしました。

糸の数が一本しか変わらないのに、
こんなに差が出るものなんだぁと、出来上がって思いました。
目数は同じなのです。
不思議~!!

確かに、一本どりで編んだ後、
二本どり用の針を使うとものすごく太く感じます。

DSC_3844-1.jpg
ピアスと並べると、
親分・子分みたいですね。


ピアスの方が親分かもしれません 笑

ちびまる子ちゃんシリーズ。

Tue.18.02.2020 0 comments
先日のユビワをアレンジしてできた、耳飾りです。
ユビワを作っているときに、耳もかわいいかも~と思って作ってみました。
最初はちがうデザインでしたが、
お花を一周ぐるっとさせたら、とってもかわいくなりました。
IMG_20200211_152959_530.jpg
丸いまる子ちゃんと楕円の花輪くんを作って、
どちらか一方に決めようと思いましたが、決めきれず…。
両方、作ってみました♪

今、イベント中なのですが、いろんな方に見て頂けて嬉しく思っています。

花輪くんは、ピアス・イヤリングありますが、
まる子ちゃんはピアスしかなくて、ちょっと残念ですが、
どちらか気に入って頂けたらうれしく思います。

ちびまる子シリーズ、大スキすぎて最近はこればっかり作っています 笑
どこかでお目にかかったら、どうぞ、よろしくお願いいたします~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<おまけのおみやげ>
だんなさんは出張が多く、
どこかへ行くたびにお土産を買って来てくれます。
(たまにない時は、わたしからのブーイングが半端ないです)

こないだは、横浜のお土産でした。
小さな箱を開けると、
こんなにかわいいチョコが入ってました!!
InShot_20200218_204217091.jpg
なんと、かわいい~♪
箱の中には、童謡にもある「赤い靴」の歌詞が入ってました。
一番しか知りませんでしたが、
四番まであるんですね~。

昔、この歌を聞いた時はとっても怖く感じましたが、
大人になって改めてみても、やっぱり怖い…。

童謡とか童話って意外と怖い内容が多いなぁと思います。

なんだか、ちびまる子ちゃんが履いてそうな靴ですね。
ちなみに、中身もちゃんと靴のカタチをしたチョコでしたよ。

右足から食べよう。
なんとなく。

topTop - Next Page »