プロフィール

ryo

Author:ryo
出会ったみなさまと
十分ご縁がありますように…
そんな願いを込めて、
ひとつひとつ作っています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

「あるある」と「ないない」

Wed.08.02.2017 0 comments
最近、左手中指の先っちょが硬くなってきました!
右利きで、レース針を使っている人に多い傾向だと思っています。
RIMG4737-1.jpg

どうしても、針が当たってしまうところ。
特に、わたしみたいにきつく編む人にとっては、
針を刺したり、時には貫通させたりで、よく使う場所です。

このまま、皮がめくれては再生し・・・を繰り返し、
より頑丈な一部分になればと思っています!

たまに、レース針を扱う作家さんと
「針仕事あるある」を話すのですが、
共感できることがいっぱいで楽しいです♪

でも・・・。
こないだレース針を使うお友だちの作家さんに、
「中指の爪って、伸びにくいよね!」
って言われた時は、
「そんなことは・・・、ないけど・・・」ってなりました。

きっと、まだまだ修行が足りないのかなと思いました。
中指の爪が伸びにくくなるまで、がんばろうと思います!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<おまけの泥だんご>
幼いころ、「泥だんご」を作るのがスキでした。

最初は小さく、
泥の皮?を剥いては泥を足し、
固まったら、また皮を剥ぎ、泥を足す・・・
そんな作業を繰り返していると、
高いところから落としても割れない
「強靭な泥だんご」が出来るのです。

そんなものを、一人でもくもくと作るのがスキでした。
思い出すと、
一人で何かを作り上げることがスキなことは、
今も変わってないなと思います。
RIMG4738-1.jpg

夕方、家に帰る前に
自分だけの秘密の場所に、
おだんごを埋めて帰ります。

「また、明日。強いおだんごになりますように・・・」って
願いを込めて。

その「明日」がまた楽しみなんですよね~♪

今の子どもたちは、きっとちがう楽しみを見つけているんでしょうね。

「今の時間」が大人になってもステキな思い出になってたらいいなと思います。

ちなみに、
なんのために「強靭なおだんご」を作っていたのかは、
未だに不明です・・・。
スポンサーサイト

« 「ビルの中の隠れ家マルシェ」 - Home - 刺繍糸整理 リベンジ!! »

0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

topTop